組 織 図

組 織 図

日本労働組合総連合会(連合) 日本教職員組合(日教組)日本労働組合総連合会兵庫県連合会(連合兵庫)兵庫県教職員組合(兵教組)

連合神戸地域協議会(連合神戸地協)神戸市教職員組合(神戸教組)

  • 組織強化検討委員会
  • 教育改革推進のための委員会
  • 情報教育推進委員会
  • 高校入試・中学校問題検討委員会
  • 教育研究推進委員会
  • 平和教育推進委員会
  • 同和・人権教育推進委員会
  • 支援教育推進委員会
  • 男女共生教育推進委員会
  • 学校業務改善検討委員会
  • 臨時採用教職員部
  • 栄養教員部
  • 養護教員部
  • 事務職員部
  • 青年部
  • 女性部

専門部

女性部

 毎年6月に女性部委員会を開催し、1年間の活動の総括をおこない、今後1年間の活動方針を決定しています。
 選挙で選出された二役と地区幹事を中心に、女性教職員のかかえる諸問題の集約・解決につとめ、「男女共同参画」の実現にむけた諸とりくみを推進しています。

青年部

 青年部では、教育力量の向上をめざし、なかまとともに学びあい、本音で語り合う教育実践講座や学習会などを開催しています。また、新規採用者歓迎会やふれあい交流会(厚生会主催)などのイベントを企画・運営し、若い教職員が楽しく集まれる場を提供しています。青年部が、集い語り合うことで、日々の悩みや課題の解決の糸口となることも多々あります。
 本気で学び、本気で楽しむ青年部活動が広がるようとりくみをしています。

事務職員部

 学校行財政の専門職種として、子どもたちの学習環境の向上・学習権の保障をめざして活動しています。子どもたちや保護者の願いを受けとめ、学校予算の執行事務を通して、保護者負担軽減をはかるとりくみをすすめ、教職員のなかまとともに、子どもたちへのきめ細やかな教育の実現にむけてとりくんでいます。 学習会や神戸市教育研究集会において、子どもの学習権を保障する学校事務のあり方や、学校行財政のあり方、活力ある学校づくりなどについて、事務職員の実践を交流するなど、研究活動も行っています。
 事務職員部を取り巻く現状は、厳しく、解決すべき課題は山積しています。学校事務職員が学校に存在する意味を自らに問い、果たすべき役割を考えつつも積極的に、学校運営に関わることで子どもたちの学習環境の向上・学習権の保障につなげていきたいと思います。

養護教員部

 養護教員部運動の重点課題は、県・市教委交渉の充実(養護教諭の声を届ける)、学習会の開催、子どもに寄り添う保健指導の実践、保健研究の充実、と位置づけ運動をすすめています。手厚いケアを必要とする子どもたちが年々増加する中、ケガ等だけでなく心の問題にも個々に応じた対応が必要とされています。また、保護者へのアドバイスや教職員とのコーディネーター役など、養護教諭の役割は多岐にわたっています。保健室をとりまく現状も大きく変化してきており、保健室登校、虐待やいじめ、パニックを起こす子や支援を必要とする子の対応のための「相談室」「避難所」「居場所」、個別指導のための「学習室」などの多種多様な機能を果たしています。神戸市教職員組合の養護教員部は子どもたちの命と健康を守る立場から、県内・市内の保健室の現状を集約し本年度の課題をあきらかにして、改善のためさまざまな、とりくみを行っていきます。

栄養教員部

 本採用の学校栄養職員全員が栄養教諭に任用変えになったのを機に、2010年度に「栄養職員部」から「栄養教員部」に名称変更しました。小学校、盲・養護・特別支援学校で働く栄養教諭で構成されています。
 食育が多方面で注目を浴び、様々な場面で食育がなされています。そのような中、栄養教諭は食に関する指導において、食を教材として教科・教科外で進めていくために、担任と一緒に授業にとりくむだけでなく、担任だけで食に関する指導ができるようコーディネーターの役割と、アレルギー等を持つ児童や保護者への個別指導と給食管理をしています。
 配置校での指導だけでなく、栄養教諭が未配置校に出かけていき、3年生への食に関する指導が定着していますが、それとともに他学年の食に関する指導の要望も高まってきています。
 また、給食を教材とした授業と給食指導、どんどん増えていく給食管理等も含めて条件整備等につとめています。
 今後も、「学校全体でとりくむ食に関する指導」をめざして活動していきます。

臨時採用教職員部

 臨時採用教職員部は、神戸市で働く臨時採用の教職員で組織されています。活動は、年に2~3回、委員会を開催し、臨時採用教職員の勤務労働条件について学習したり、課題について話し合ったりしています。
 また、学校現場で働きながら採用試験合格をめざす方のために、教員採用セミナーを開催しています。

委員会

学校業務改善検討委員会

 学校業務改善検討委員会は2010年度に新設されました。勤務時間の適正化にむけた学校業務全般の改善について検討し、子どもたちと向き合う時間を確保するため、学校現場のみなさんの声をもとに、具体策を検討する委員会です。

男女共生教育推進委員会

 「男女共生教育推進委員会」では、毎年10月に開催される神戸市教育研究集会で、各学校で実践されたレポート発表を行い、11月に開催される兵庫県教育研究集会(ひょうご教育フェスティバル)へも、積極的に参加しています。

支援教育推進委員会

 もともと障害児教育推進委員会として活動していたのですが、08年に名称を変更し、支援教育推進委員会となりました。そこには、障害のあるなしに関わらず、支援の必要な子どもたちに何か手立てをうつことはできないだろうかという思いがありました。
  どの子も同じ場で友達と一緒に教育を受けることのできるインクルーシヴ教育を進めるための条件整備や、ひとりひとりの子どもたちを教職員が見つめていける労働条件を求めて活動をしています。

同和・人権教育推進委員会

 毎年7月までに同和・人権にかかわる各分会での問題点や要望を集約し、「対市予算要求書」を作成しています。その要求書の市教委回答をもとに、推進委員が現場の声を、対市交渉の場で直接届けています。また、兵教組と連携し、解放講座や人権教育ひょうごスタディツアーなどにも参加しています。

平和教育推進委員会

 平和教育の実践が推進されるよう活動をしています。神戸市教育研究集会や学習会で実践の交流を行い、平和教育の機会を設定しています。
 また、平和教育教材(DVD、図書、パネル等)を整備し、教材リストを作成するなど平和教育へ役立ててもらうために各学校へ教材の貸し出しも行っています。
 さらに、親子で平和について考える機会として神戸市教育会館の行事である「親子で行くヒロシマの旅」に企画・運営スタッフとして参加しています。カンパや折り鶴の作成を呼びかけるなど少しでも多くの方に携わっていただいています。
 神戸の戦跡を回る戦跡ウォークや空襲を記録する会全国連絡会議に参加するなど「神戸空襲を記録する会」と連携し、様々なとりくみも行っています。
 神戸の平和教育が少しでも多くの教職員に広まるよう今後も活動を続けていきます。

教育研究推進委員会

教職員の勤務労働条件整備とともに教職員組合運動の両輪のひとつとなっているのが、教育研究活動です。神戸教組は、子どもたちひとりひとりをしっかりと見つめ、豊かな学力をつけていくにはどうしたらよいのかを話し合い、よりよい教育活動をめざしています。教育研究推進委員会は、こうした活動の推進役として現場の教職員の代表で構成された委員会です。

高校入試・中学校問題検討委員会

 中学校におけるさまざまな課題(生徒指導、進路指導、学習指導、部活動等)や教育条件整備のとりくみをおこなっています。
 特に、過度の受験競争の緩和、高校間・学科間の格差是正、学区の縮小、偏差値教育の是正等を中心とした高校教育改革に向け、「受験競争の緩和と学校間格差の解消」「評価と兵庫方式の堅持」「進路保障と学力保障」を柱とし、子どもの視点にたち、地域や保護者と連帯をしながら、人権教育の観点での実践や今後の展望を見据えたとりくみをおこなっています。
 選抜制度の変革期にあって、兵庫方式を堅持していくのはもちろんのこと、生徒の「意欲を引き出す」評価のありかたについて研究しています。複数志願選抜制度や今議論されている通学区域の見直しによって、『弱い立場にある生徒たち』の進路選択が不利にならないよう、いかに保障していくかを最大のテーマにとりくんでいます。

情報教育推進委員会

 今、子どもたちを取り巻く生活の場は、大量の情報であふれかえっています。この情報の大海の中を迷わず目的地へ泳ぎ着くことができるのか、大変難しい時代になっています。意図的にネットを犯罪に利用する事案は、枚挙にいとまなく、子どもたちが巻き込まれるケースも大変多くなっています。子どもたちが被害者になるだけでなく、加害者になる状況も発生しています。子どもたちが大量の情報環境の中で、どのように生き抜いていくか、まさに「生きる力」を育まなければなりません。メディアとは何か、メディアをどのように活用していくかというメディアリテラシー教育をすすめなければなりません。現代社会の中で、どのようなメディアが存在し、どのように社会に寄与しているのか、そして、その裏側にあるものは何かを、教職員が正しく理解し、子どもたちに教え、諭し、導いていくことが大切です。メディアリテラシー教育をすすめるため、①「読書センター」②「学習・資料センター」③「情報センター」という3つの機能をもつ新しい学校図書館が必要です。書庫のような図書室ではなく、子どもたちの「知りたい」「読みたい」に応えるため新しい学校図書館を創るためのとりくみをおこなっています。学校、家庭、地域の中で、人に優しく思いやりのある人権感覚の豊かな感性をもった子どもたちを育てるため、現在、教育環境整備を行っています。

教育改革推進のための委員会

 文科省がすすめる教育制度の変化に対して、県教委、そして、神戸市教委からの様々な教育の改革に対して、神戸教組としてどのようにとりくみをすすめていくのかを協議する委員会です。

組織強化検討委員会

 様々な意見を集約し、どのようにすれば、ニーズにあったより良い組織になれるか具体策を検討し、実行することで神戸教組の組織の拡大・強化にむけてとりくんでいます。