神戸市教職員組合のとりくみ

教育研究活動

学習会や教育研究集会を通じて、職場や地域の現状や、どうすれば日々の教育活動が「よりよい状態」になるのかを議論しています。
学校や地域を越えた視点での交流により、多くのよりよいことに気づくことができます。その「気づきの場」を多く経験することで、子どもに還元することができます。

交渉・協議

議論したことや、子ども・保護者・地域の声を集約し、関係機関と交渉・協議しています。
(私たちの賃金・労働条件の改善、要求書提出、要請行動、署名行動)

社会的対話

「社会的パートナーシップ」をもとに教育行政や教育関係団体、PTA組織などとの連携を通して、社会的対話の実現をめざしています。(教育政策への提言も行います)

政策決定の場への参画

学校現場代表の議員などを通じて、政治(国会・都道府県議会・市町村議会)に働きかけています。
(教育条件整備、教職員定数改善、教育政策の見直しなどは実際の学校現場を知っている人でないと伝わりにくいものです)

人とのつながりをつくっています。教職員の不安や疑問を解消するための活動をしています。

子どもにとってよりよい環境づくりをすすめています。教職員が抱える悩みをもとにとりくんでいます。